ループイフダンの必要資金の目安

ループイフダンを稼働させるにあたって気になるのがループイフダンの必要資金ではないかと思います。

※このページでは資金やロット数をわかりやすく考えるために、1000通貨で1ロットと表現します。尚、通常は国内業者の場合1ロットは1万通貨になります。

ループイフダンは1000通貨対応となっておりますので、ドル円だと4400円ほどで1ロットとなります。

ざっくりと考えるとドル円で5000円くらいで1ロットと考えればよいかと思います。

ユーロドルは5500円くらいで1ロットになりますのでおおよそ6000円で1ロットと考えましょう。

 

さて、ループイフダンを稼働させる時の資金の目安ですが、必要証拠金が4000~6000円となっている通貨ペアで稼働させる場合は、1ロット1万円で考えると分かりやすいと思います。

当然のことながら、リスクを考えたりレバレッジ等を考慮すると、もう少し余裕を持った資金のほうが良いとは思います。例えば、1ロット1000通貨5000円で考えた場合、2万円で1ロットとか。そのくらいの余裕を持ったほうが安全だと思います。

ここでの必要資金はあくまでも私の考えであるので、参考程度に考えてください。

話を戻しますと、私は4000~6000円の証拠金となっている通貨ペアの場合は1万円で1ロットと考えてます。

1000通貨の場合、100pipsで1000円の損益となります。仮に100pipsの損失を出してるポジションがあったとしても1000円の損失になりますね。

単純に考えますと、1000通貨1ロット5000円の証拠金で考えた場合、1ロットの運用において1万円で耐えられる損失は5000円となり500pipsの損失まで耐えられることになります。

よって、私は4000~6000円の証拠金であれば1ロット1000通貨の運用でもある程度耐えられると考え、このようにしています。

ですので、4000~6000円の証拠金であれば5万円の入金で最大5ロットまで運用ができると計算できます。

ただし、何度も言いますように、この設定は資金管理という面で考えると少々リスクがたかい資金設定となってます。安全性を高めるのであれば、1000通貨で1ロットとして考えた場合、15000円~2万円で1ロットと考えたほうが安全かと思います。

ループイフダンはループイフダンのシステムごとに最大ロット数を設定できるので、最大ロット数を1ロットにすれば複数のシステムを稼働させることが可能です。

こういった設定を考えつつ、ループイフダンのシステムを稼働させる本数などを考えリスクヘッジしていくと、システムトレードよりも高い収益性を狙える運用になれるかなと思います。

コメントは受け付けていません。